彼氏と距離を置いたあとの連絡のとり方は?嫌われないためにできること

彼氏と距離を置くことにした理由によりますが、結論から言うとその申し出をした方から連絡を再開するのが正解です。

たとえば彼氏側から「距離を置こう」と言ってきた場合には、彼氏からの連絡を待つといった流れが自然ですね。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
▼電話占いで彼氏とやり直せるかすぐに相談してみる【15分無料】

電話占いヴェルニ

彼氏と距離を置いたあとの連絡はどちらからする?

結論は冒頭で言いましたが、注意することもあります。

それは距離を置いている段階で別れを意識したのであれば、そのままフェードアウトしてしまう人も少なくないこと。

ただし、今度のことを話さずにそのまま逃げると後で面倒なことになりませんので、自分が前に進みたいと考えた際には自分から連絡をするようにしてください。

余談ですがその後の恋愛においても、フェードアウトで別れてしまうとダメージが蓄積されます。逆に自分から勇気を出してさっぱり別れることができれば、経験値となり自信につなげられますよ。

 

またやり直すことを前提としてお話を戻しますね。

お互いのことをじっくり考える為に距離を取っていたのであれば、どちらから連絡を取っても構いません。

しかし女性であるあなた側からしてあげると喜ばれるでしょう。

男性はやはり一度距離を置かれると「彼女に甘えていた部分」が見直され、愛おしく感じられることがあるため。

一度離れてみないとありがたみが分からないということは一般的に言えることですよね。

男性は自分から行動することを苦手とする人も多いようですので、待っていても来ない可能性があります。

逆に

  • 自分に落ち度があって治さなければいけない箇所がある
  • 彼氏から2週間距離を置こうと言われている
  • 彼氏に恋愛の主導権を握られていて、自分に弱みがある

といったように関係性が対等でない場合には、最初に連絡するまでの期間(距離を置く期間)について話し合っておくと再開がスムーズにできますよ。

彼氏と距離を置く前にあらかじめ期間を設定しておく方法もある

彼氏と距離を置くと決めた際、どれぐらいの期間距離を置くのかを事前に話し合っておくと再開がスムーズだというお話はしましたね。

別れを意識して距離を取りたいと考えた場合、最低でも一ヶ月程度は距離を置きましょう。相手との今後をじっくり考える為にもこれぐらいの時間は必要です。

また、一時的な感情で別れることを前提としていない場合は、二週間程度にしておくことです。簡単なケンカなどで距離を置いた場合ですね。いっときの勢いなので、冷めたらすぐ連絡して大丈夫です。

距離を置く期間が長くなると、別れるつもりはなかったのに、一緒に居なくても平気なことに気付いてしまったりします。

また彼氏について考えることを辞めてしまうこともありますし、冷却期間中に彼氏が浮気してしまうかもしれません。

そのような状態になると戻ることが難しくなってしまうので、二週間以上の期間を空けることないように距離を置く前に決めておきましょう。

彼氏と距離を置いたあとの具体的な連絡方法

彼氏と距離を置くとなった場合でも、必要に応じて連絡を取ることもあるでしょう。

そのような時には電話で直接話すよりも、LINEやTwitterなどを活用しメッセージのやりとりだけに留めておくことが大切です。

覚悟を持って距離を置いた場合、声を聞くという行為は気持ちを揺らがせる理由になってしまいます。甘えの部分が出てしまって、うまくいくはずだったその後の関係が破綻してしまうことも考えられるでしょう。

距離を置いている間、電話することは避けておきましょう。せっかくの冷却期間が無駄になってしまうことにもなりますからね。

距離を置いている期間、全く連絡を取らないというのも一つの方法です。相手のことを一から考える良い機会として考えるのであれば、連絡手段一切断つというのも自分の心と向き合いやすくなります。

これは彼氏とどうすることが良いかを事前に話し合っておくことが大切です。自分の気持ちだけではなく、彼氏の気持ちも聞いてみてください。

一番避けたいのは「寂しかったから」「声がききたくて」などと言って、事前の取り決めを破って連絡してしまうこと。信頼できないやつと一度認定されてしまっては、その後の関係に大きく響いてしまうことになりますよ。ここだけは気をつけてみてくださいね。

彼氏と距離を置いた後連絡が来ない場合には、彼女側から連絡するのがいい理由

彼氏と距離を置いた後、彼からの連絡が一切来ない場合はどのような対応をするのが良いのか。

自分は彼氏にとって都合の良い存在なのではないかと疑っている彼女の場合、彼氏から来ないともう別れてもいいのかと不安になってしまうものです。しかし、けじめをしっかりつけるためにも彼女側であるあなたから行動を起こすのもありです。

もちろん、しっかり冷却期間は置いてくださいね。

距離を置きたいと言ったのが彼女側ならば、その決められた期間は彼女のルールに合わせる必要があります。そういった意味で、事前の口実(2週間後に連絡を取り合おうなど)があるといいのは前述したとおりですね。

この約束があるのであれば、しれっと2週後に悩むことなく連絡できますよね。

彼女から連絡が来るまで自分からはしないと決めている男性も多いのです。意地を張っている部分もありますので、あなたから連絡をしてあげましょう。

距離を置いても連絡が取れない場合には

「特に連絡前にどうやって連絡を取るのか話し合わなかった」「連絡を取れるツールがない」といった場合の対処法も見ていきます。

ここまで来てしまった場合、残念ながらあなたに取れる対処法はほとんどありません。思い切って自分から連絡しても相手から返信が来ないことは、それなりに最悪のケースも覚悟しておくべきです。

LINEで既読スルーされてしまった場合には、一旦彼氏に直接連絡を取るのではなく友達経由でそれとなく様子を探れないか依頼してみるのも手です。

共通の友達がいないという場合には、占い師にアドバイスをもらうことも検討してみてください。占いは何も胡散臭いものではなく、今の自分の状況を客観視するために使えるツールです。

もちろん女友達などに相談してもいいのですが、女友達はいわばあなたの味方です。あなたに都合がいいことしか言わない(バイアスがかかっている)ことが予想されるため、いくら仲が良くて何でも相談できる関係だとしても適切なアドバイスができるとは限りません。

以下から紹介する占いサイトは実績が10年以上ありますし、信頼できる占い師を見つけてまず悩み相談してみましょう。距離を置かれた場合に相談できる専門の方も数多くいらっしゃるので、まず気軽に話せる人を見つけることが先決です。

 

タイトルとURLをコピーしました